アネット 節を編集

es > 登場NPC > アネット

キャラクター概要 節を編集

ストーリークエスト(Season1 ウェポノイド編) 第三章より登場したNPC。
彼女もまた現役アークスのようだが……?
CV:佳村 はるか

Season2 トランスエネミー編でも引き続き登場している。

©SEGA

ネタバレ情報 節を編集

ストーリーのネタバレ情報を含みます。注意して下さい

Season1 第三章で登場し、ダンテに襲われているジェネ達の窮地を救った。
その後はチームの一員として行動を共にするようになり、主人公(プレイヤーキャラクター)のことを「リーダー[1]」と呼ぶようになった。
フォトン研究者でもあり、フォトンのコントロールが苦手なジェネ、そしてお調子者のモアのことを気にかけている。

第四章ではモアに何者かの面影を重ねていたが、モア本人に問われても適当に答えた上で「……うそ。」とはぐらかしている。

その後、ストーリーが進むにつれ彼女の過去が語られる。
幼少期は「弟」の「リュロ」と一緒に研究所で育ち、互いの存在が心の支えだったが、弟が実験で死亡。
そのことが、幼い彼女の心に影を落とす。
惑星ウォパルの海岸でモアを見かけた時、弟によく似ていたため、もう二度と「弟」を失いたくないと強く思い込み、常にモアから離れまいとするようになった。

終盤ではモア達ウェポノイドを助けようと焦るあまり、単身で敵の根城に乗り込んで行った。
彼女の身の安全を心配して追ってきたブルーノやジェネらと合流し、自身の暴走を詫びると、
協力してロードの勢力と戦うことを再決意する。

今度はジェネが単身で敵の本拠地へ向かった際は「仲間」と一緒に乗り込み、
ダンテらと邂逅し、彼らと徐々に和解していった。
その上でロードを倒し、全員でジェネを救い出し、仲間達とオラクル船団へ帰還した。

余談ではあるが、公式の4コマ漫画「うえぽの!」およびその番外編「うえぽの!テイスティ」ではツッコミ役兼モア萌え&モタブのせいで腐女子属性を植え付けられるという受難の人でもある。

関連項目 節を編集

関連ページ 節を編集

コメント 節を編集

コメントはありません。 es/アネット/コメント?

お名前:

荒らし行為を行った場合はプロバイダーに通報します。

チップナビ
キャラ キャラクター / イラスト / コラボ
必殺技 ソード / ワイヤードランス / パルチザン / ツインダガー / ダブルセイバー / ナックル / ガンスラッシュ / カタナ / デュアルブレード
 アサルトライフル / ランチャー / ツインマシンガン / バレットボウ / ジェットブーツ
法術 炎属性 / 氷属性 / 雷属性 / 風属性 / 光属性 / 闇属性
激化 ソード / ワイヤードランス / パルチザン / ツインダガー / ダブルセイバー / ナックル / ガンスラッシュ / カタナ / デュアルブレード
 アサルトライフル / ランチャー / ツインマシンガン / バレットボウ / ジェットブーツ
 炎属性 / 氷属性 / 雷属性 / 風属性 / 光属性 / 闇属性
特化 ソード / ワイヤードランス / パルチザン / ツインダガー / ダブルセイバー / ナックル / ガンスラッシュ / カタナ / デュアルブレード
 アサルトライフル / ランチャー / ツインマシンガン / バレットボウ / ロッド / タリス / ウォンド / ジェットブーツ
エネミー 原生種 / 龍族 / 機甲種 / 海王種 / ダーカー / 希少種(レア) / 超時空


[1] 音声でのみ。テキスト表示上はキャラクター名。