ファンタシースターユニバース 節を編集

ファンタシースターシリーズ > PHANTASY STAR UNIVERSE / PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望

ファンタシースターユニバース 節を編集

2006年8月31日にPS2 (PlayStation2)で発売され、windows PC版としてもサービス開始された過去作品。「PHANTASY STAR UNIVERSE」の略称。
ストーリーモードとエクストラモード、インターネット上の他ユーザーと遊べる月額制のネットワークモードが存在した。
ストーリーモードでは主人公「イーサン・ウェーバー」をプレイヤーが操作することになるため、一部のプレイヤーからは「英雄はお前 (プレイヤー) じゃない」と揶揄された。
なお、後述のPSPoシリーズはいずれもPSUの世界観と設定を舞台にしており、専用ページからPSUのマイキャラクターをPSPoとPSPo2へインポート可能だった。
PSUシリーズはPSOの正統な後継ではないと当時のプロデューサーが明言していた。
後の2006年12月14日にXbox 360版が発売された。
サービス終了は、PS2版が2010年3月31日、Xbox 360版は2012年9月7日、PC版は同年9月27日。
この時に残高のあった『ガーディアンズキャッシュ(GC)』は、『PSO2』へ移行したPSUユーザーに『アークスキャッシュ(AC)』として返還された。
チーフプロデューサーは中裕司、プロデューサーは見吉隆夫、ディレクターは酒井智史。
後続の作品や派生作品が「絆」をテーマにしてるのに対し、PSU本編は種族間の「差別」をテーマとしている。

EP1
主人公イーサン・ウェーバーの物語。ガーディアンズコロニーに住む17歳。
妹のルミアと同盟100周年を記念した式典を見に来ていて、SEEDの襲来に巻き込まれる。
SEEDの初襲来時の働きを受けて、惑星間警備組織"ガーディアンズ"の訓練生となり、カレンの元で研修に励む事となる。
アークガルドの幻影
EP1〜EP2及びPSPo1へと繋がる物語。公式のWebコミックとして公開された。 ttp://illuminus.phantasystaruniverse.jp/
EP2では敵対とされているイーサン・ウェーバーの過去を描くストーリー。

ファンタシースターユニバース イルミナスの野望 節を編集

RPG、新生。

2007年9月27日に発売され、無印PSUではオンラインで配信されていたストーリーモードがイルミナスではオフラインで遊べるようになり、劇中の演出もフルボイスになった。
英題表記は『Phantasy Star Universe: Ambition of the Illuminus』。

EP2
プレイヤーが新米ガーディアンとしてガーディアンズの女教官ライア・マルチネスと共に行動する物語。
EP1後、新たなHIVEの捜索が同盟軍や天文学者たちによって続けられる中ガーディアンズは残存するSEED被害への対処に追われていた。
一方、グラール太陽系に影を落とすもう一つの深く暗い闇が蠢いていた。
ヒューマン以外の種族を根絶やしにしようとする"ヒューマン原理主義者"の集まり……人はそれを"イルミナス"と呼んだ。
ガーディアンズを駆け巡った衝撃的な事件。英雄だったはずのイーサン・ウェーバーは現在ガーディアンズ総裁暗殺未遂の罪で指名手配中となっていた。
プレイヤーはライアと共にその謎を追っていくこととなる……。
EP3
イルミナスに操られた同盟軍の強襲、SEEDの再襲来によりGコロニーは絶体絶命の危機に陥り、
危機を脱出する為に切り離したコロニーの一部とガーディアンズ総裁オーベル・ダルガンを失い組織が崩壊。
生き残ったガーディアンズ達はそれぞれ自分に出来ることを探していた。
ある日、主人公はマヤ・シドウから相談があると呼び出され…。

時系列 節を編集

EP1─────────→     EP2─────────→     EP3─────────→
      アークガルド───────────────→
            EP2外伝────→PSPo─────────→            (EP3から3年後)PSPo2─────────→
EP2外伝=ミッション「イノセント・ガール」

PSUとアークガルドとPSPoのネタバレ的な物 クリックで表示

PSU EP2外伝ミッション「イノセント・ガール」にて登場するGRM開発のキャスト:ヴィヴィアンの訓練を共にする。
PSPoで登場する際にヴィヴィアンの記憶はリセットされている。(PSUとは別主人公と共に行動する)
※ ただし、PSUのキャラクターデータの一部 (名前や外見などの簡易的なもの) をPSPoへとインポートした場合、
ヴィヴィアンはPSU主人公のことを記憶しており、PSPo2でも『白き旅人』に専用イベントが追加される。
PSPoのストーリーミッションでアークガルドの幻影で追われることとなったイーサンとパーティを組む事がある。

世界観・用語 節を編集

惑星パルム
同盟軍本部がある惑星。全人口の85%をヒューマンが占めている。
PSU世界における全人類発祥の地であり、500年もの長きに渡って続いた種族間戦争の跡地でもある。
「ホルテスシティ」「タルカスシティ」といった主要都市がある。
国家の政治はキャストだけが出席できる議会によって執り行われている。
惑星ニューデイズ
和風の建物が多く、異国情緒を感じさせる都市「オウトクシティ」がある惑星。
主にニューマンが生息しており、「グラール教団」の総本山がある宗教国家。
海面が総面積の70%もある、豊かな水と自然に囲まれた美しい惑星。
産業はフォトンを利用した技術が発達している。
惑星モトゥブ
3つの惑星の中では人口が最も少ない。
地表のほとんどは荒野や砂漠で、過酷な自然環境ゆえか人類が暮らすには不向き。
人工の70%はビーストが占めており、首都は「ダグオラ・シティ」。
未開発の地域も多く、地下には豊富な水源と鉱石などといった資源がある。
国家の実権は、ならず者集団である「ローグス・ファミリー」が握っている。
ガーディアンズ・コロニー
種族間戦争終結後に建造されたスペース・コロニー。
「ガーディアンズ」の本拠地であり、ネットワークモードにおけるプレイヤー達の出発点・拠点でもある。
首都は「クライズシティ」。1階のセントラルホールからマイルームへ行けたり、2階はショッピングモール、3階にはエステやCLUBなどがある。
4階はPPTスペースポート、いわゆるミッションに出発したりするための玄関口となっている。
5階にはガーディアンズ本部があり、クラスのタイプ変更などが可能な案内カウンターなどがある。
ガーディアンズ
ネットワークモードでキャラクタークリエイトしたプレイヤーキャラクターが所属することになる惑星間警護組織の名称。
ストーリーモードの主人公「イーサン・ウェーバー」も、とある目的でガーディアンズの門をたたくことになる。
SEED
PSU世界におけるダークファルス、またはその勢力。『PSO2』で言う「ダーカー」のようなもの。
SEEDを闇の神として崇める者達もいる。
詳細はSEEDを参照。
GRM社
惑星パルムにて武器・兵器の開発と製造を行なっている企業。
主にバランス型の武器・防具が取扱われている。
『PSO2』でもサザンクロスメタルアークエンシェントクォーツなどが復刻している。
詳細はGRM社を参照。
また、PSU世界では唯一キャストを製造できる権利を持っている。
テノラ・ワークス社
惑星モトゥブにて武器や兵器の開発・製造を行なっている企業。
主に攻撃力・命中重視の武器、回避重視の防具が取扱われている。
『PSO2』でもグッレ・バズッガなどが復刻している。
ヨウメイ社
惑星ニューデイズにて武器・兵器の開発・製造を行なっている企業。
主にPP重視の武器、防御力重視の防具が取扱われている
『PSO2』でもリカウテリハンマテリヒロクテリナスヨテリリカルバリなどが復刻している。
クバラ製
GRM、テノラ、ヨウメイ以外の中小企業が制作した武器、および製造企業不明の武器類の総称。
『PSO2』でもM25SEミズーリ/リヒトなどが復刻している。
星霊
PSU世界における「フォトン」の別称。
「グラール教団」の教義では「星霊」と呼び、教団を束ねる者を星霊主と呼ぶ。
イルミナス
正式名称は「秘密結社イルミナス」。名前の元ネタは18世紀のドイツに実在した秘密結社。
キャストとの戦争に敗け支配階級から転落したヒューマンの復権を目指す「ヒューマン至上主義」を掲げて信者を集めているが、それは建前に過ぎず、
本来の目的はダークファルスの復活と文明の破壊。中心人物はハウザー。

登場人物 節を編集

イーサン・ウェーバー
EP1にてプレイヤーが操作することになる主人公。
ガーディアンズを毛嫌いしていたが、SEED襲来時にガーディアンズと共闘したことがきっかけで入隊を希望する。ヒューマン男性。
カレン・エラ
イーサンの指導教官であり、PSUのヒロイン。
初代PSO大好き声優の一人、田中理恵がCVを担当した。
ニューマンだがテクニックをうまく扱えないことがコンプレックス。
ライア・マルチネス
ビースト女性。
姐御肌の現役ガーディアンズ。
ガーディアンズ総裁「オーベル・ダルガン」の養子の一人。
ヒューガ・ライト
ガーディアンズ訓練校でのイーサンの同期で、研修生時代は行動を共にした。
出会い頭に女性をナンパする癖があり、フェミニストを自称している。
GRM社の創業者の血縁で、GRMの話になると饒舌になる。また、敬虔なグラール教の信徒でもある。
マヤ・シドウ
ガーディアンズたちが使用する様々な装備を開発するガーディアンズ装備開発課に所属する研究員。
ルウ
ガーディアンズ総合調査部に所属。時にはスパイ活動も当然の任務ををこなす為、
一般のガーディアンには無い特殊な装備をそのボディに多数内臓している。
オーベル・ダルガン
ガーディアンズ17代目総裁。
自分にも部下にも厳しく、力強いリーダーシップを発揮する。
カール・フリードリヒ・ハウザー
グラールの文明を破壊せんとする『秘密結社イルミナス』の黒幕であり、後に自らを依り代にダークファルスを復活させた張本人。
自身の人格を、製造禁止されているコピーキャストに移植し大量生産していた。
レンヴォルト・マガシ
エンドラム機関所属、レリクス統括管理部隊の隊長。
大量に生産されたハウザーのコピーキャストであり、その内の1体がイーサンに敗れたことで自我に目覚めた。
『PSO2』にも登場するツーヘッドラグナスはマガシの愛用武器。
アルフォート・タイラー
ローグスの4大勢力「タイラー・ファミリー」の長男。
グラール太陽系に名を轟かせている宇宙海賊「タイラー一味」の船長。
いわゆる『義賊』で貧しい者からは盗みを働かない。
マガシへの復讐のためイーサンに協力することになる。
レオジーニョ・S・B
穏やかで紳士的な性格のビースト男性。ガーディアンズ内でも模範とされ、研修生から人気がある。
トニオ・リマ
元ストリートギャング。EP1で更生し、レオジーニョの推薦状でガーディアンズに入隊。
子供のような外見だが小ビーストであるためで、実年齢は25歳。モトゥブ出身。
リィナ・スカヤ
トニオの幼馴染みの小ビースト。
宇宙海賊「タイラー一味」の一員であり、トニオからはローグスを足抜けするよう説得されている。
ルミア・ウェーバー
イーサンの妹。『幻視の巫女』の大ファン。
一部のPSUユーザーからは「カルピス」と呼ばれていた。某飲料水のラベルのような柄の服と、立ち姿が瓶を連想させるからのようだ。
ミレイ・ミクナ
グラール教団の『幻視の巫女』。
父であるドウギの目論見を阻止するためイーサンと行動したが殺害された。
ルカイム・ネーヴ
ガーディアンズ訓練校の校長。170年以上を生きる老齢キャストで現役ガーディアンズの中でも最古メンバー。
突然機能が停止する「突発性機能停止症候群」を患っている。
無類の女好きで、度々ライアの尻を狙って返り討ちに遭っている。
フルエン・カーツ
キャスト至上主義のキャスト男性。同盟軍所属。イーサン達と関わっていく中で徐々に偏見と考えを改める。
ヴィヴィアン
GRM社が製造した次期汎用型モデル第1号のキャスト。
オルソン・ウェーバー
イーサンとルミアの父。故人とされているが……?

関連項目 節を編集

『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』公式サイト:http://illuminus.phantasystaruniverse.jp/

コメント 節を編集

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これイルミナスと無印分割しない? -- 2016-01-19 (火) 05:29:01
  • 分離していいと思う -- 2016-01-20 (水) 01:03:20
    • 了解、落ち着いたらPSUの記事も編集していきたいからその時に分割しまー -- 2016-01-20 (水) 02:10:08
  • よろー -- 2016-01-21 (木) 09:59:56
お名前:

荒らし行為を行った場合はプロバイダーに通報します。