カーシュ族 節を編集

PSPo2 / PSPo2i > カーシュ族

概要 節を編集

PSPo2』、『PSPo2i』に登場する部族。
モトゥブ各地を転々とする遊牧民で、仲間がはぐれないように森に目印を残しながら移動している。
自然とともに根付く思想を持っており、文明を嫌って狩猟生活し、土着神を信仰している。

村民には様々な種族がおり、その多くが俗世間に疲れ流れ着いた者達である。
最初はヒューマンのみであったが、そのうちビーストニューマンが加わり、最近ではキャストも村の一員となっている。
『PSPo2』に登場する、カーシュ族の少年「ユート」は、ビーストニューマンの混血である。

警戒心が強く、外敵から身を守るため、目印はカーシュ族のみに伝わっている独特の文字で書かれており、解読できずに違う道を進んだ者にはカーシュ族が仕掛けた罠が発動するようになっている。

また、コグ・ナッドやドルァ・ゴーラなど大型の原生生物を飼い慣らしている。

代々『レッドタブレット』を「大地(とち)神」として崇め守護してきたが、太陽王カムハーンに村を襲撃され、それを奪われてしまった。

ちなみに「ミラージュブラスト」は、元はカーシュ族が持っていた技術がグラール中に広まったとされている[1]

関連項目 節を編集

コメント 節を編集

コメントはありません。 ps/世界観/カーシュ族/コメント?

お名前:

荒らし行為を行った場合はプロバイダーに通報します。


[1] 本作での後付け設定であることに留意。